2017年07月13日

金魚鉢をかじっても、歯は欠けません。 “幸楽屋の金魚鉢”

鞍馬口の幸楽屋さんは、6月から夏季限定販売のお菓子が人気。


幸楽屋

幸楽屋

6月に来たかったのだけど、都合がつかず、7月になってしまった。
6月は開店前に行列ができていたらしい。

確実にゲットするには、電話で予約すれば、取り置きをしてくれる。

前日に予約して、朝10時過ぎにお店へ。
取り置き分を除いて、ショーケースには残り4個。販売からひと月経って売れ行きも落ち着いたようだけど、午前の早い段階で完売は必至のようだ。


幸楽屋

幸楽屋

幸楽屋

涼しげなお菓子。金魚がなんともカワイイ。

水はゼリー、金魚はアンコのようだ。
どうやって作ったのか想像できない。
この細工では、1日で数多く作るのも大変だ。

しかしこの鮮やかさも見る人を驚かされる。
お土産には喜ばれること間違いない。



ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村








関連ランキング:和菓子 | 鞍馬口駅北大路駅今出川駅



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金魚すくい 単品
価格:270円(税込、送料別) (2017/7/13時点)







posted by わびすけ at 14:41| Comment(0) | 和菓子(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

だから、なんだ?・・・とは言わないで “玉屋のパンダ焼”

三条会商店街のうどん屋さん『玉屋」。
店先に気になる黄色い張り紙。

パンダ焼

パンダ焼



パンダ焼とは、今川焼にパンダの焼き印を押したもの。

パンダ焼

パンダ焼

1972年、日中国交正常化を記念して中国からプレゼントされたジャイアントパンダ、オスのカンカンとメスのランランがモデル。先代の発案だそうで、そうなると45年の歴史モノ。

話のタネ(だけ)にはなる。。。



ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村




関連ランキング:定食・食堂 | 二条駅二条城前駅四条大宮駅













posted by わびすけ at 10:24| Comment(0) | 和菓子(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

織田信長がいなければ、このお菓子は無かった・・かも? “亀湯陸奥の松風”

西本願寺東向かいにある『亀屋陸奥』。歴史ファンには絶対食べてみたい「松風」というお菓子がある。

織田信長と石山本願寺(現在の大阪城の地) の合戦のさなか、三代目大塚治右衛門春近が創製した品が兵糧の代わりとなり、 これが「松風」のはじまりだと伝わっています。

また、司馬遼太郎氏の小説にも「松風」が登場します。


亀屋陸奥・松風

ショーケースは写したが、お店の外観を撮るのを忘れた・・・。


亀屋陸奥・松風

亀屋陸奥・松風

8枚(8個)入りです。


亀屋陸奥・松風

原材料を見れば納得するけれど、食感はパンに似ている。ただ、ふわふわモチモチではない。
パンを焼いたことがある人なら分かるが、発酵時間を間違えたパンの噛みごたえにそっくり。

白味噌も混ぜてあるので、発酵食品の味もある。


兵隊の兵糧だったことは食べれば食べるほど納得する。

これぞ、元祖ミリ飯!!


適度の甘さがあって、わりと飽きが来ないお菓子です。



ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村






関連ランキング:和菓子 | 京都駅五条駅(京都市営)













posted by わびすけ at 20:02| Comment(0) | 和菓子(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする