2018年03月06日

1千年続く日本最古の飲食店 “一文字屋和輔のあぶり餅”

今宮神社の東側参道にある2軒の炙り餅の店。北側(右)が「一文字屋和輔」。南側(左)が「かざりや」。どちらも大繁盛。

一文字屋和輔


一文字屋和輔の創業は平安時代の西暦1000年(長保2年)だという。老舗と言うより、世界遺産クラスの店。
ちなみに向かいの「かざりや」も創業は西暦1637年。江戸時代が始まったばかり。

一文字屋和輔

あぶり餅は一口大の餅を竹串に刺してきな粉をまぶして店頭で焼く。
焼き色がついたら皿に載せほんのり甘い白味噌のタレを垂らして出される。

一文字屋和輔ではあぶり餅を作るのは店の女性の仕事だとされるそうだ。


一文字屋和輔

1人前で、だいたい丸餅1個分くらいだそうです。

焦げ過ぎに見えて、これが実に香ばしい。
間違いない美味。間違えてたら千年店が続くはずが無い。


一文字屋和輔

今宮神社側から見た景色。この景色が何千年と続きますように。。。



ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村





関連ランキング:和菓子 | 北大路駅鞍馬口駅



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わくわくほっこり和菓子図鑑 [ 君野倫子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/3/6時点)








posted by わびすけ at 19:22| Comment(0) | 餅・大福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする