2017年04月26日

嵯峨の白い桜餅 “鶴屋寿の嵐山さ久ら餅”

今年は何度も花見に出かけているのに、桜餅をまったく食べてなかった。
2017年今シーズン初桜餅に選んだのは、鶴屋寿の「嵐山さ久ら餅」。

ただそれだけの目的で京福電車に乗り、嵐電嵯峨へ。そこから数分、JR嵯峨嵐山駅近くの『鶴屋寿』。

鶴屋寿の嵐山さ久ら餅

鶴屋寿の嵐山さ久ら餅

桜餅専門店と自称するだけあって、メイン商品は桜餅。
この店は1年を通して桜餅を販売している。


お店を出たら、JRの踏切を渡り、そこから道を西へ向かう。この先に絶好のお花見ポイントがある。



鶴屋寿の嵐山さ久ら餅

たいへん珍しい「油掛け地蔵」。水ではなく本当に油をかける。


鶴屋寿の嵐山さ久ら餅

有栖川の桜並木。京都通には知られた桜の穴場。
ここで花見。そしてはなより桜餅。

我ながらよい花見コースを思いついたものだ。



鶴屋寿の嵐山さ久ら餅

鶴屋寿の嵐山さ久ら餅

嵐山さ久ら餅の特徴は、白い道明寺。そして桜餅を2枚の葉でサンドイッチしていること。

とても上品な桜餅。ただ少し小ぶり。
庶民な私は上品さより、やはりボリューム。


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村







関連ランキング:和菓子 | トロッコ嵯峨駅嵯峨嵐山駅嵐電嵯峨駅



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【化粧箱入】京銘菓詰合せ「嵐山」セット【ご進物に最適】
価格:3186円(税込、送料別) (2017/4/26時点)








posted by わびすけ at 19:24| Comment(0) | 桜餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

織田信長がいなければ、このお菓子は無かった・・かも? “亀湯陸奥の松風”

西本願寺東向かいにある『亀屋陸奥』。歴史ファンには絶対食べてみたい「松風」というお菓子がある。

織田信長と石山本願寺(現在の大阪城の地) の合戦のさなか、三代目大塚治右衛門春近が創製した品が兵糧の代わりとなり、 これが「松風」のはじまりだと伝わっています。

また、司馬遼太郎氏の小説にも「松風」が登場します。


亀屋陸奥・松風

ショーケースは写したが、お店の外観を撮るのを忘れた・・・。


亀屋陸奥・松風

亀屋陸奥・松風

8枚(8個)入りです。


亀屋陸奥・松風

原材料を見れば納得するけれど、食感はパンに似ている。ただ、ふわふわモチモチではない。
パンを焼いたことがある人なら分かるが、発酵時間を間違えたパンの噛みごたえにそっくり。

白味噌も混ぜてあるので、発酵食品の味もある。


兵隊の兵糧だったことは食べれば食べるほど納得する。

これぞ、元祖ミリ飯!!


適度の甘さがあって、わりと飽きが来ないお菓子です。



ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村






関連ランキング:和菓子 | 京都駅五条駅(京都市営)













posted by わびすけ at 20:02| Comment(0) | 和菓子(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

で、で、で、デカイっ! “松屋製菓のおはぎ”

東本願寺別庭・渉成圓でお花見をしたあと、桜餅を買って帰ろうと思ったけれど、烏丸七条に和菓子屋があったのを覚えているぐらいで、他に心当たりが無い。

とりあえず烏丸七条へ。

松屋製菓

「おはぎ」の暖簾が目立つ“松屋製菓”。


松屋製菓

店内のショーケースには、おはぎのほかは、最中、干菓子ぐらいしかなく、目当ての桜餅は無かった。
少し高めだけれど、おはぎを2つ買って帰った。



松屋製菓

松屋製菓

松屋製菓

箱から出して、あらためて大きいことに気づく。
ガラケー2段重ねくらい。通常のおはぎ3個分くらいあるから、1個330円の値段は妥当か。

1個でおなかいっぱい。2個は無理。
それでも甘さがしつこくないので、ペロリと食べられる。


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村






関連ランキング:和菓子 | 京都駅五条駅(京都市営)七条駅












posted by わびすけ at 16:54| Comment(0) | おはぎ・ぼたもち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする