2015年03月30日

桜の時期限定 “十六五の桜まろい餅”

祗園に続く四条通りには変わった名前の店が多い。

「十三や」と書いて「櫛屋」。九(ク)と四(シ)を足して十三.これで「くし屋」と読む。
「二十三や」と書いて「唐の櫛屋」。10+9+4=23、これで「とうのくし屋」。

南座の向かいでまた読み方の分からない店を見つける。
十六五 まろい餅

十六五 まろい餅

十六五 まろい餅
小洒落た和菓子がショーウィンドに並んでいたので店の中に入りました。


「まろい餅」というのが面白そうなので買ってみた。
十六五 まろい餅

十六五 まろい餅


春限定の桜まろい餅
十六五 まろい餅

こちら通常のまろい餅
十六五 まろい餅

餅というよりドラ焼きのような食感。ドラ焼きは二枚のサンドイッチだけれど、これは生地で包んである。
“まろい”の意味を調べてみたら、「丸い」「おだやか」という意味。
たしかに穏やかな気分になれるお菓子でした。


さて、お店の名前の『十六五』の読み方ですが、「とうろくご」でありました。そのまんまやん。。。
名前のいわれは聞き忘れました・・・


一緒に買った『ハート最中』。
十六五 まろい餅


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村




関連ランキング:和菓子 | 祇園四条駅河原町駅三条駅








posted by わびすけ at 18:07| Comment(0) | どら焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

新撰組ファン御用達“金つばの幸福堂 金つば・銀つば”

壬生寺へ行く途中、いつも大きな「金つば」の文字に引き寄せられそうになりました。そしてとうとう店の中に吸い込まれました。
『金つばの幸福堂』の創業は1868年、ほぼ明治維新と同じころに店が始まっている。

幸福堂

壬生寺と新撰組屯所跡が目と鼻の先にあるだけに新撰組ファンが良く訪れるようだ。

この日も新撰組ファンとおぼしき女子数名がお店の中に。
しかし彼女らはショーケースのお菓子より、お店の脇にある新撰組グッズに目を輝かせていた。
(このお店は商売上手だ・・・)

金つばの幸福堂

小豆の金つば、大豆の銀つば、芋金つば、抹茶金つば、の4種。
単品で少数買うつもりであったが、結局詰め合わせを買う。

金つばの幸福堂

金つばの幸福堂

金つばと銀つば
金つばの幸福堂

金つばの幸福堂

「銀つば」はかなりの好感度。白アンで作ると上品で美味しい味とは驚き。

「誠饅頭」という新撰組ファン向きの商品もある。新撰組ファンへのお土産にも良いでしょう。


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村




関連ランキング:和菓子 | 四条大宮駅大宮駅丹波口駅








posted by わびすけ at 19:42| Comment(0) | きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少し大きめがシアワセ“幸福堂の幸福餅”

壬生寺近く『金つばの幸福堂』。壬生寺に行く前にちょっと寄り道。

幸福堂

金つばが目的だったが、ショーケースを見ていたら他のも買いたくなった。

幸福堂

お店の名前がつけてあるのだから、これが間違いないと買う。

幸福堂

持ち帰り、包みを開けてみると、店では感じなかったが割とデカイ。

よもぎ餅だと思い買ったけれど、改めて店の陳列写真を見ると“天然蓮”と書いてある。
仏様にかけて蓮なのだろうか??

それはともかく、ボリュームに満足。幸福・・・



ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村



関連ランキング:和菓子 | 四条大宮駅大宮駅丹波口駅









posted by わびすけ at 19:05| Comment(0) | 大福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする