2022年12月19日

名物パンは午前中で売り切れ 《松》

今出川通北白川交差点に久しぶりに来たついでに、ちょっと気になるパン屋によってみた。



IMG_0029.jpg


この店の名物は大文字山を模した「大文字」というパン。それを買いたかったのだけれど、なんと午前中で売り切れていた。観光客に人気なのかもしれない。


大きな陳列棚ではなかったけれど、数多くの種類のパンが並んでいた。店内の写真を撮る時間は後ろのお客さんのことを考えると作れなかった。ゆっくりパンを選びたかったけれど時間をかけるのも周りに迷惑なので、他の店でもよく買うパンを買った。


クリームパン
IMG_0036.jpg


シナモンロール
IMG_0035.jpg


クロックムッシュ
IMG_0034.jpg


この店のパン生地は、モチモチ感が重視されている。もっちりしたパン生地が好みの人に人気があるのだろう。看板商品が売り切れたとたん、客入りが減る店は多いけれど、この店はそんなことはない。


クロックムッシュは翌日オーブンで温め直し、目玉焼きをトッピングしてクロックマダムにして食べた。
フレンチレストランでクロックマダムを食べてから、実はクロックマダムにハマっている。


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村






関連ランキング:パン | 元田中駅茶山駅出町柳駅












posted by わびすけ at 19:11| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月16日

名物はアップルケーキ 《洋菓子の店 オオマエ》

来年の年賀状用に岡崎神社に行って、兎の写真を撮りに行った。

IMG_0983.JPG

そのあと北白川通りを北上。銀閣寺道あたりでお昼御飯を食べる店を探すつもりだった。
その前に途中で一軒寄り道したい洋菓子店があった。


洋菓子の店 オオマエ
IMG_0020.jpg



お目当ての商品は名物のアップルケーキ。

IMG_0019.jpg


ショーケースにも数多くの商品が並んでいて、アップルケーキだけでは気持ちが満たされない。
おやつには多すぎるけど、欲望を抑えながら少し買い足した。

IMG_0018.jpg

アップルケーキは温かい方がおいしいようなので、お店の人に温め直す方法を聞いて帰った。



家に帰ってからのおやつは当然アップルケーキ。

IMG_0030.jpg

IMG_0032.jpg

お店の人から電子レンジではなくオーブントースターで温め直すように勧められたので、そのようにしたけれど、すこし焦がしてしまったのは失敗。

アップルパイやリンゴのタルトとはまた違った味わい。寒い冬に温かいリンゴはやっぱりおいしい。
ケーキの上のクランチも食感に変化を与えてよい感じ。


ベイクドチーズケーキ  /  ベリー&ホワイト

IMG_0033.jpg

追加で買ったケーキも食べる。何となく無難なものを買ってしまった。ショーケースの前で迷ってしまい、後ろに並んでいる客に気を使ってしまい無難なものを選んでしまったのだ。
次の機会があれば、もっと攻めてみよう。


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村






関連ランキング:ケーキ | 元田中駅茶山駅出町柳駅



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

老舗喫茶のアップルパイ
価格:2480円(税込、送料別) (2022/12/16時点)







posted by わびすけ at 19:33| Comment(0) | 洋菓子(ケーキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月22日

栗のお菓子がいっぱい並んでいるお店 《京栗菓匠 若菜屋 一乗寺店》

秋ともなれば栗のお菓子が食べたくなる。そう思っていたら、もってこいの和菓子屋さんが一乗寺にあることを見つけた。
本店ではないけれど、支店が一乗寺駅のすぐ近くにあった。


京栗菓匠 若菜屋 一乗寺店
IMG_9893.jpg

IMG_9891.jpg

IMG_9892.jpg

先代が丹波篠山出身らしく、丹波といえば丹波栗、栗を使った和菓子がたくさん陳列されていた。



焼き栗きんとん
IMG_9899.jpg

栗阿彌(りつあみ)
IMG_9898.jpg

くるみ大福
IMG_9897.jpg

目当てのお菓子は二つだったけれど、アドレナリンが上がってしまって、単品を五つ買って帰った。



「焼き栗きんとん」は渋皮の付いている付いていないの二種類がある。
IMG_9912.jpg

IMG_9913.jpg
食感は焼きまんじゅうに近い。口に入れると栗のアンが口の中でほぐれる。個人的には渋皮の付いている方が好み。



「栗阿彌」も渋皮の付いている付いていないの二種類がある。栗の甘納豆と言えば一番わかりやすいと思う。
IMG_9910.jpg

IMG_9911.jpg
渋皮の付いていない方は栗の甘露煮の表面に砂糖をまとった感じ。渋皮の付いている方は天津甘栗のような食感。個人的にはこちらも渋皮の付いている方が好み。


さすが栗にこだわったお店である。栗を十分楽しめた。
一つだけ栗ではなくクルミの大福を買った。こしあんとクルミの相性が良い。栗の時期でない時はこれをまた買ってみたいと思った。


ふらりと入りやすいお店なので、また一乗寺に行ったら寄ってみたいと思う。
本店と支店とが京都各所にあるので、興味のある人はお店のホームページを要チェック。


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ にほんブログ村





関連ランキング:和菓子 | 一乗寺駅茶山駅修学院駅










posted by わびすけ at 18:53| Comment(0) | 饅頭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする